週刊やまとごころ通信バックナンバー

週刊やまとごころ通信バックナンバーをご紹介します。

インバウンドセミナー

入国規制まとめ :日本への入国拒否、ついに英米も加え73カ国・地域に拡大

【やまとごころ通信 Vol.680】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。観光庁が2020年1月の宿泊者数を発表。前年同月比伸び率でトップだったのは岩手県、254.5%増でした。中国で新型コロナウイルスの感染が広がり、国外への団体旅行…

世界旅行ツーリズム協議会、観光業5000万人失業の可能性ありとの予測、各国政府に対し5つの政策強化を要請

【やまとごころ通信 Vol.678】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。世界を震撼させている新型コロナウイルス。なかでもアメリカで感染が拡大しており、27日には感染者数が世界最多となりました。各国が次々と空港を閉じていくなか…

台湾で新型コロナウイルスに対する日本の警戒レベル最高値に引き上げ、19日からは外国人の入国禁止  

【やまとごころ通信 Vol.676】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。3月11日にWHOが、新型コロナウイルスは世界的流行を意味する「パンデミック」状態にあると表明したことを受け、出入国禁止などの策をとる国が一気に増えました。…

新型コロナウイルス終息後に観光回復キャンペーン、政府が検討 未来投資会議にて

【やまとごころ通信 Vol.674】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。3月13日、村山慶輔+やまとごころ編集部による書籍『インバウンド対応 実践講座:「エリア目線」で成果を最大化する成長戦略』が発売されました。入門編、集客編…

政府目標1年前倒しで達成!東北6県の外国人延べ宿泊者数150万人突破 

【やまとごころ通信 Vol.672】 おはようございます。やまとごころ編集部です。2020年1月インバウンド市場動向をもとに実施された観光庁長官の会見。新型コロナウイルス感染拡大前に比べ日中航空路線が7割減少したことや、観光庁が実施する緊急対応策措置に…

新型コロナウイルスによる初の経営破綻、訪日中国人ツアー受け入れの愛知県の観光旅館

【やまとごころ通信 Vol.671】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。インバウンド業界のみならず、日本全体に大きな影を落としている新型コロナウイルス。こういう時こそ正確な情報を収集し、学び、冷静に対処していく必要があります。これまで…

新型コロナウイルス、訪日滞在の不安を感じていない旅行者、欧米豪圏は81%、中華圏は13%と大きな差

【やまとごころ通信 Vol.669】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。2月19日~21日、千葉県幕張メッセで行われた『インバウンドマーケットEXPO2020』。新型コロナウイルスの影響もあり来場者は昨年の6割ほどでしたが、登壇者による有意義なセミ…

2019年成田空港における航空機発着回数、航空旅客数が開港以来最高を記録

【やまとごころ通信 Vol.667】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。日本国内への影響も出始めている新型コロナウイルス。「収束はいつになるのか」「旅行業界への影響は…」などに対して、専門家の意見をまとめました。「発生期フェーズ、回復…

新型コロナウイルスに関する調査結果発表、訪日客の情報収集手段や宿泊施設の対応などが明らかに

【やまとごころ通信 Vol.665】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。観光庁が2019年外国人旅行消費額総額を発表しました。それによると、訪日外国人旅行者1人当たり旅行支出が多かった順にオーストラリア、イギリス、フランスと続いています。→…

新型肺炎による訪日客の減少、2020年の日本のGDP7760億円押し下げの試算。小売への影響も懸念

【やまとごころ通信 Vol.663】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。インバウンド業界にも多大な影響のある新型コロナウイルスによる肺炎。今この状況でできることは何か、過去の災害の際の対応を参考にしながら、どんなことに備えておいたほう…

世界で人気の旅行先は? 都市への訪問者数はアジア優勢、日本は5都市がトップ100入り

【やまとごころ通信 Vol.659】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。2019年の訪日外国人数は3188万2000人で韓国を除く19市場で過去最高となりました。一方で、12月の訪日旅行者数は、3カ月連続で前年同月を下回りました。2019年12月の訪日客数…

外国人向け「ジャパン・レール・パス」のWeb販売をJRグループが来春から開始、自動改札機も利用可能に

【やまとごころ通信 Vol.657】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。今年7月24日に開幕する東京オリンピック。世界の人々はどれ程、興味を持ち観戦したいと思っているのでしょうか。データ・インバウンドでは、世界12地域の訪日観戦意欲と、そ…

2020年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキングをガイジンポットが発表、1位は和歌山県熊野地方

【やまとごころ通信 Vol.655】 新年、明けましておめでとうございます。編集部の外島(としま)です。インバウンド業界にとっても一つの指標であったオリンピックイヤーとなりました。今年もやまとごころは、活発な動きのあるこの業界を牽引する情報をお届け…

2019年のインバウンド人気上昇都道府県ランキング、1位は冬スキー需要が好調な新潟県

【やまとごころ通信 Vol.653】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。今年も残すところ、あとわずか。やまとごころも今週いっぱいで年末年始のお休みへと入らせていただきます。政府の補正予算案が決定しました。「外国人観光客6000…

訪日中国人富裕層に向け、日本の上級クラスの地方旅行体験を提供するサイトを来年春開設へ

【やまとごころ通信 Vol.651】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。訪日客が増えるにつれ、食の禁忌をもった方々への対応も大きな課題となっています。世界中のヴィーガンやベジタリアンが利用するレストラン情報サイトHappycowで…

富裕層の新しいトレンド、体験型に特化した富裕旅行市場向け商談会についてJNTO担当者にきく

【やまとごころ通信 Vol.649】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。富裕層のトレンドの変化に対応すべく始まった、体験型コンテンツに特化した商談会について、JNTOの担当者へインタビュー。富裕旅行市場が日本に何を求めているの…

「ナショナルジオグラフィック」で東北が2020年ベスト・トリップに選出。世界の有力誌で軒並み高評価に

【やまとごころ通信 Vol.647】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。インバウンドの現場で労働力不足が大きな課題となるなか、ハイスペックなインバウンド人材の登用により、成功を収めている企業があります。多くの外国人で賑わう…

「2019年 冬の旅行動向調査」結果発表、インバウンドには北海道が人気

【やまとごころ通信 Vol.645】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 10月の訪日外国人数が、8月に続き前年同月比でマイナスとなりました。大きな要因は韓国からの訪日数の半減です。一方、ラグビーワールドカップ効果で、伸び率…

全世界のアニメファンが選んだ「2020年版 行ってみたい日本のアニメ聖地88」発表、訪日客も関心高く

【やまとごころ通信 Vol.643】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。日本政策金融公庫が47都道府県、3,142企業の日本企業へヒヤリングアンケートした「インバウンド対応に関する調査結果」が発表されました。それによると、3割近く…

ロンリープラネットがお薦め旅行先を選ぶ「Best in Travel 2020」地域編で東北が世界第3位に

【やまとごころ通信 Vol.639】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。44日間にわたり開催されたラグビーワールドカップが終わり、ラグビーロスになっている編集部の外島(としま)です。開催期間が長く全国12カ所で試合が行われたこ…

ブッキング・ドットコムが2020年の旅行トレンド予想を発表、オーバーツーリズム回避から生まれた「穴場旅」が急上昇へ

【やまとごころ通信 Vol.637】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。『ツーリズムEXPOジャパン2019』が、初めて大阪・関西で開催されました。だんじり祭りが登場したりと、大阪らしさのあった今回のイベント、観光による地域活性化…

トリップアドバイザーが「口コミで人気!日本の美術館・博物館ランキング2019」を発表。1位はポーラ美術館、2位は鹿児島の美術館ランクイン

【やまとごころ通信 Vol.635】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。日本政府観光局(JNTO)が発表した2019年9月の「訪日外国人数」によると、ラグビーワールドカップ開催に伴う欧米豪の訪日客数が前年同月に比べ7万7000人増加。な…

新潟への訪日はリピーターが7割以上、中国・香港大幅に伸び。今後のインバウンド推進の鍵を握る3C戦略とは?

【やまとごころ通信 Vol.633】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。日本列島を襲った台風により、被災された地域の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。そうした中、日本中に勇気とパワーをくれたラグビーW杯。日本対スコット…

2019年10月訪日客トレンド予測、温泉地の検索数上昇。一番人気は箱根、リピーターの興味は地方に

【やまとごころ通信 Vol.631】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。「訪日教育旅行」と呼ばれる中国からの子供たちの学びの旅が増えています。日本と中国は文化的につながっており、自分たちの「原点」を見直すことができるのが、…

ラグビーW杯開催中の経済効果エアビーが予測、訪日客がホストにもたらす収入49億円、宿泊予定者数は前年同期比123%の35万人

【やまとごころ通信 Vol.629】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。イギリスのザ・エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが作成した『Safe Cities Index 2019』(世界の都市安全性指数ランキング)で、東京は3回連続で総合ラ…

京都・祇園地区で、オーバーツーリズム対策に向け訪日客など観光マナーの周知・啓発の取組へ

【やまとごころ通信 Vol.627】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。ラグビーW杯が開幕し、試合が行われている都市やその周辺の観光地はラグビーファンで賑わっています。やまとごころでは、ラグビー関連の記事を集めたページを設…

地方創生とインバウンド誘致に自転車を活用する「ナショナルサイクルルート制度」国交省が創設

【やまとごころ通信 Vol.625】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 週末、世田谷八幡宮で行われた秋祭りの奉納相撲観戦に、多くのインバウンド客が訪れている写真が、やまとごころメンバーから送られてきました。その数の多さに…

台湾インバウンド客対象に「鳥取旅行で補助金」詐欺発生 県では注意呼びかけ

【やまとごころ通信 Vol.623】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 発表になった6月の宿泊者数。都道府県別伸び率トップは前年同月比107.7%増の山形県でしたが、逆にマイナスとなった県も少なくありませんでした。 →【外国人宿…

観光客の「まちあるき」満足度の向上に向けた受入環境整備と道の駅インバウンド対応で61件を認定 サポートへ ---観光庁

【やまとごころ通信 Vol.621】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 かつてはおっちゃんの町の印象だった大阪・新世界がインバウンド客に人気のエリアへと変貌を遂げています。2022年には星野リゾートも進出予定の新世界の取り組…

トリップアドバイザー、地域の魅力をアピールするプラットフォーム 観光協会やDMOに向け提供

【やまとごころ通信 Vol.619】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 7月の中国からの訪日客数が初めて単月で100万人を超しました。フィリピンからの訪日客も30.5%増と伸びています。一方で韓国、香港、台湾からの訪日客数は前年同…