週刊やまとごころ通信バックナンバー

週刊やまとごころ通信バックナンバーをご紹介します。

高千穂神楽継承に向け保存会立ち上げと観光活用に取り組むインバウンドスタートアップの挑戦

やまとごころ通信 Vol.924

おはようございます。やまとごころ.jp編集長の堀内です。

本日のおすすめ記事は、高千穂夜神楽の保存に向けて活動する日髙さんのインタビュ
ー記事です。

特に記事内の「今はボランティアでもいい、安くてもいいと思っていても、それで孫
子の代まで手渡せるかどうかを真剣に考える必要があります。持続できる形で適正な
価格で売ることが、とても重要です」という言葉が強く印象に残りました。

都心から地方に行けば行くほど、お金を介さない物々交換や信頼関係などで人との関
係性が成り立っているので、地方に住む方はお金をとることに対して、躊躇する傾向
が強くなります。

それはとても素晴らしいことですが、人口減少が急激に進む中、高度経済成長の時代
と同じアプローチを続けていれば、限界も来てしまいます。

地方ならではの良いところは残しつつも、新しいアプローチも模索しなければいけな
い。そんなときに、地域に人を呼び込み、お金を使ってもらったり、関係人口として
継続的に関わってもらうための手段として、観光やインバウンドがあるのだなと改め
て思いました。

地域が長らく継続して守り続けてきたものに敬意を払い、大切な部分は残しながら、
いかにして観光やインバウンドで活用していくかが、日本の観光、インバウンドでは
大切になることを実感しています。ぜひ読んでみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
高千穂神楽継承に向け保存会立ち上げと観光活用に取り組むインバウンドスタートア
ップの挑戦

━━━━━━━━━━━━━━━━━
地域住民と旅行者のニーズを理解し、両者をうまく繋ぎ合わせるコミュニティリーダ
ーの存在が注目されています。

▼高千穂の取り組みはこちらも
【DMO研究】貸ボートの価格大幅アップのわけ、自主財源を確保する高千穂観光協会
の観光地経営


日本初 農閑期の棚田を活用したサブスク式キャンプ場、地域の協力により高千穂で
誕生


━━━━━━━━━━━━━━━━━
2年ぶりの開催 ツーリズムEXPOジャパン2022は来場者に「持続可能な旅」を訴求でき
たのか? 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
コロナ禍を経た今回のテーマは「新しい時代へのチャレンジ~ReStart~」。どのよう
な新しい「旅」が提示されたのか、パビリオンやシンポジウムから探ってみました。

▼ハワイブースが訴求したレスポンシボル・ツーリズムについてはこちらを
ハワイ州観光局日本支局長ミツエ・ヴァーレイ氏に聞く、地域コミュニティ重視型の
戦略へ舵取りした理由


▼インバウンド再開に向けサステナブルツーリズムを考えましょう
【徹底解説】観光業界がなぜ「持続可能な観光」に取り組むべきか、その理由を考え
る–Vol.2


━━━━━━━━━━━━━━━━━
2年半ぶり訪日観光本格再開 JNTO理事長コメント、インバウンド旅行早期回復と全国
への波及目指す

━━━━━━━━━━━━━━━━━
本格的な訪日観光客受入再開に向け、JNTOは、航空会社との共同広告キャンペーン
や、1000万人を超えるフォロワーを持つSNSを通じた最新情報発信等を強化していく
方針といいます。

JNTOも注力するアドベンチャートラベルに求められる人材とは
世界が注目、アドベンチャートラベルに求められる「人材」の姿(前編)

アドベンチャートラベル人材の「質」「量」底上げへの課題と取り組み(後編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年お盆期間の一番人気は羽田-千歳線、運航便数コロナ前上回る。国際線は韓国
便が最多

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年の日本のお盆休みは、コロナ前を上回る本数が運航した路線が出るなど、航空
機による旅行が回復しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとごころ編集部のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2年8カ月ぶりにソウルへ行きました。海外旅行はもちろん、飛行機に乗るのもほんと
うに久しぶり。韓国入国のハードルは先月末の時点で入国後24時間以内のPCR検査で
したが、陰性の連絡を受けたもののQ-Code(日本でいうMySosのようなもの)に登録
できず。聞いたところによるとほぼ形骸化しているとのこと。10月1日からそれが不
要になったのは何よりでした。これで訪韓はコロナ前に戻りましたし、日本もノービ
ザで観光客の入国を受け入れるとのことで、訪日を待ちわびていた韓国の人たちの盛
り上がりがすごかったです。
(刈部けい子)

持続可能な観光地トップ100選2022、箱根 下呂温泉など10カ所選出。釜石市は5年連続

やまとごころ通信Vol.923

おはようございます。
木曜日のやまとごころ通信をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
持続可能な観光地トップ100選2022、箱根 下呂温泉など10カ所選出。
釜石市は5年連続

━━━━━━━━━━━━━━━━━
「Green Destinations TOP100(世界の持続可能な観光地トップ100選)」
が発表され、日本からは箱根や下呂温泉阿蘇市釜石市など10カ所が
選出されました。

2021年にTOP100に選ばれた鹿児島県与論町の取り組みはこちら
人口5000人の島が、持続可能な観光地TOP100に選ばれたわけ。鹿児島
県与論島のストーリー


━━━━━━━━━━━━━━━━━
外国人観光客受け入れ再開から約1年経過のタイ観光産業のいま。2022
年観光収入コロナ前の50%まで回復見込み

━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光大国タイでは外国人観光客の受け入れが前進しています。10月から
ビザなしで最大45日の滞在が可能で、今年の観光収入はコロナ前の50%
まで回復する見込みです。

▼タイ政府観光庁が今年6月に発表した、今後のタイの観光戦略はこちら
タイ政府観光庁に聞く、東南アジアいち早く開国したタイの観光戦略

▼9月にタイバンコクで開催された日本博は、熱気に包まれ盛り上がり
ました
3年ぶりの総合イベント「バンコク日本博2022」から見る、タイ若年層
の日本へのまなざし


━━━━━━━━━━━━━━━━━
DXに注力する松阪市、AIでイベント情報を一元化し発信。住民や観光客
の利便性向上を目指す

━━━━━━━━━━━━━━━━━
三重県松阪市は、住民や観光客の利便性向上を目指し、情報をAIで一元
集約し多様なイベントを一括検索できるサイトを公開しました。

▼観光DXを推進するリュブリャナの取り組み
「住民の9割が観光を歓迎」スロベニアの首都リュブリャナが行うデジ
タル戦略


観光庁も引き続きDXに予算を計上しています
2023年度観光庁予算要求454億円、観光インバウンド回復見据え旅客
税事業は前年度比3.3倍


━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の入国規制状況は? 9/23時点で規制なし90カ国・地域。オランダ
規制撤廃で欧州は44カ国に

━━━━━━━━━━━━━━━━━
UNWTOとIATAが共同で開発したデスティネーション・トラッカーに
よると、入国規制を撤廃した国が増えてきています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
政治家の「入国規制緩和」発言に、海外メディア「日本の規制撤廃は
間近」報道

━━━━━━━━━━━━━━━━━
海外メディアが日本の「入国規制緩和」に注目。政治家の前向きな発言
を受け、「日本は解放目前」とさらに期待が高まっています。


<やまとごころからのお知らせ>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
おすすめオンラインセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都主催|ムスリム等多様な文化・習慣に配慮した
外国人旅行者受入のためのセミナー・アドバイザー派遣
9月29日 (木) 13:30~15:00、10月6日 (木) 13:30~15:00、他
詳細はこちら

3カ月で即戦力になる!インバウンドビジネス基礎講座
~体系的な学びと実践的ワークで成長を加速~
10月3日 (月) 開講
詳細はこちら

次年度の事業対策に先手を打つ!
最新データ・事例から読み取る観光・インバウンド入札案件動向
10月20日 (木) 13:00~14:00
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
入札案件の情報をいち早くゲット!
「観光・インバウンド入札navi」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
キーワード検索や自動検出だけでは情報収集することが難しい、
観光・インバウンド関連の公示案件情報を厳選して毎日お届けします!
まずは2週間の無料トライアルをお試しください。
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
高収益な観光業を目指す会員サービス
「観光バリューアップ実践会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
高付加価値化、高リピート化を目指す、「学び」と「実践の場」。
宿泊・旅行・体験を中心とする中小企業経営者が参加中。
詳細はこちら

世界が注目、アドベンチャートラベルに求められる「人材」の姿

やまとごころ通信 Vol.922

おはようございます。やまとごころ.jp編集長の堀内です。

ここ数日で、日本含めアジア諸国の入国規制緩和が一気に報道されました。

日本は10月11日より、短期滞在の訪日客のビザなし個人旅行解禁を発表。香港でもこ
れまで海外からの入国者に課していた到着時のホテル隔離を9月26日より撤廃、台湾も
29日より外国人観光客の受け入れを開始します。

アジア諸国で示し合わせたのではないかと感じるほどの動きです。具体的な条件は詳
報を待つ必要がありますが、観光業界にとって明るいニュースが舞い込んだのは何よ
りです。

香港台湾など近隣エリアからの旅行者は、規制緩和後比較的すぐに動きが出てくる可
能性も高いですし、2年半海外旅行に出られなかった分、今まで以上により付加価値
の高い旅行を求める人もいると思います。

そうした旅行者の期待に応えられるようなサービスやコンテンツを日本が提供できる
のか、試される日が近づいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【鼎談】世界が注目、アドベンチャートラベルに求められる「人材」の姿(前編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
欧米豪圏を中心に市場が広がり、世界的に注目を集めるアドベンチャートラベルです
が、実施するためにはふさわしい人材が必要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【鼎談】アドベンチャートラベル人材の「質」「量」底上げへの課題と取り組み(後編) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
後編ではアドベンチャートラベル人材を育てる上での課題と取り組みにフォーカスし
た鼎談をお届けします。

▼アドベンチャートラベルについてはこちらも
日本流おもてなし ときにありがた迷惑!? アドベンチャートラベルで地域が稼ぐ方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━
香港、観光客の戻り鈍く更なる規制緩和の動き。訪日旅行への問い合わせは急増
━━━━━━━━━━━━━━━━━
アジアの金融ハブであり観光地としても名高い香港に対し、内外から水際対策の緩和
を求める声が上がっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年第2四半期の旅行動向、価格上昇でも需要増。インクルーシブトラベルへの関
心高まる

━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界で規制解除が進んだ2022年第2四半期(4-6月)の旅行者動向について、エクス
ペディアグループが行った分析レポートが発表されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【訪日外国人数】2022年8月訪日客数16万9800人、前月より微増にとどまる
━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月以来5カ月連続で1カ月の訪日客数が10万人を超えましたが、2019年同月と比べる
と1割にも届きません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年秋に行きたいお出かけ先アソビューが調査、1位は山梨県。季節感を反映した
結果に

━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この秋、行きたいアクティビティ」に関する全国調査を実施したところ、「季節感
を感じられる」お出かけ先に人気が集まりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7回UNWTOガストロノミーツーリズム世界フォーラム、12月に奈良県で開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━
その土地の気候風土が生んだ食材・習慣・伝統・歴史などによって育まれた食を楽し
むガストロノミーツーリズム。年々注目を集めているテーマです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとごころ編集部のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━
近所のホテルが間もなく閉館すると聞き、レストランへ食事に行きました。入り口で
「Go To Eatかながわ9月末まで延長」とのポスターを見つけたので、その場でクーポ
ンを購入し、その日の支払いに利用しました。お得感に味をしめた私は、友人家族と、
ちょっといいお店で食事をしようと約束し、それぞれ購入したのですが、「ここは!」
というお店はどこも9月中は予約がいっぱい!みんな考えることは同じですね。10月
にガクンと需要が落ち込まなければいいなと願います。
(清水陽子)

3年ぶりの総合イベント「バンコク日本博2022」から見る、タイ若年層の日本へのまなざし

やまとごころ通信 Vol.921

おはようございます。やまとごころ.jp編集長の堀内です。

来月にも、ビザなしの短期訪日解禁、個人旅行が再開されるとの報道がありました。
観光業界の人たちはもちろん、それ以外の業界の人たちにも、「やっとこの日が来
た」という気持ちで報道を見たことと思います。

多くの人たちが「いつになったら訪日できるのか」と期待していただけに、秋以降、
徐々に旅行需要が戻ることが期待できます。

一方で、この2-3年、旅行客が来ていない間に、どのぐらい準備していたかが問われ
る時期でもあります。

久しぶりに日本に来た人たちが「なんだ、日本ってこんなものか」と失望しないよ
う、できることに注力したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
3年ぶりの総合イベント「バンコク日本博2022」から見る、タイ若年層の日本への
まなざし

━━━━━━━━━━━━━━━━━
3年ぶりの開催となったリアルイベントは予想以上に反響が大きかったようです。現
地の熱気をお伝えします。

▼タイの現地リポートはこちらも
【タイ人の本音】日本好きのタイ人は、制限下での訪日団体旅行に参加するのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年夏 欧州フライト、混乱のなか力強い回復。ギリシャ・トルコはコロナ前の
水準超え

━━━━━━━━━━━━━━━━━
この夏、旅行需要の急増に対応しきれず、飛行機の欠航や遅延などが相次いだヨーロ
ッパの航空業界でしたが、市場は総じて好調でした。

▼欧州は世界でも最も入国規制撤廃が進んでいます
世界の入国規制状況は? 9/2時点で規制なし81カ国・地域。アルゼンチンなど中南米
で撤廃進む


▼アウトバウンドが好調の英国の現状はこちら
【英国動向】3年ぶりの日本文化イベント、イギリス人の訪日への興味関心は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━
SDGs週間に向け「サステナブルな旅」を後押しする5つの宿、ブッキングドットコム
紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブッキング・ドットコム・ジャパンは、SDGs週間に向けて「サステナブルな旅」の取
り組みを積極的に行っている日本の宿泊施設を5つを紹介しました

▼宿泊施設向けのこちらのサステナブル特集も参考にどうぞ
【徹底解説】サステナブルツーリズム実践の具体的な一歩、宿や旅行会社は何ができ
る? –Vol.3


━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとごころ編集部のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━
友人の作品展を見に、軽井沢までドライブしました。片道3時間ほどかかるので、普
段なら泊まりですが、この日は私の他にもう一人運転手がいたので日帰り。実は泊ま
りたい宿が取れなかったのも理由でした。聞けば、コロナ禍でもテレワークや2拠点
生活で軽井沢を訪れる人は多かったとか。「みんなどこも行かないふりして、こっそ
り来てるのよ」なんて友人は笑っていました。宿泊業が苦戦するなかで、この期間、
観光地により明暗があったのかなとふと思いました。
(刈部けい子)

2022年国慶節のトレンドは? 厳しい措置続く中国、農村観光や博物館など近場観光が主流

やまとごころ通信Vol.920

おはようございます。
木曜日のやまとごころ通信をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年国慶節のトレンドは? 厳しい措置続く中国、農村観光や博物館など
近場観光が主流

━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国の建国記念日である国慶節は春節に並ぶ大型連休となります。コロナ禍
で迎える3度目の今年は10月1日~7日の7日間、人々はどのように過ごすの
でしょう。

▼中国人観光客は訪日旅行で気に入った商品を越境ECで購入
世界一の規模を誇る中国越境EC市場、アフターコロナに買いたい日本の商品は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾、欧米豪など指定国からのビザなし入国再開。日本・韓国は対象外
━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで新型コロナウイルスの厳格な水際対策を行ってきた台湾でも、入境後
の強制隔離期間を短縮するなど、少しずつ規制緩和が行われています。

▼世界の動きはこちらも
規制緩和でインバウンド増加に手応えの韓国、秋夕連休では国内旅行が人気

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年7月世界の航空需要 力強い復調続く、ブラジル国内線はパンデミック
前超える

━━━━━━━━━━━━━━━━━
IATAによると、「7月の業績は引き続き好調で、一部の市場はパンデミック
の水準に近づいている」とのこと。特に国内線が好調です。

▼国際線の回復は世界の開国度に比例しています
世界の入国規制状況は? 9/2時点で規制なし81カ国・地域。アルゼンチンなど
中南米で撤廃進む


━━━━━━━━━━━━━━━━━
山梨県忍野村、富士山一望できる展望テラスオープン。忍野八海に続く観光ス
ポット創出

━━━━━━━━━━━━━━━━━
インバウンドにも大人気の忍野八海を擁する忍野村ですが、1拠点型から多拠
点ネットワーク型観光地を目指し新しい施設をオープンしました。

▼富士山は見てもよし、訪れてもよしの人気の山です
コロナ禍で人気の登山、2022年夏の傾向は? 移動距離はコロナ前水準に回復

▼富士山は有名だが、県としてはどうなのか? 静岡DMOの取り組みです
静岡DMOが実践する欧米市場向けマーケティング戦略。相手の心をつかむ海外
メディア、旅行会社とのコミュニケーションのコツ(前編)


欧米市場向けに取り組む静岡のブランディングストーリー、コロナ禍でも変わ
らずに行うマーケティング活動から見えた本質(後編)



<やまとごころからのお知らせ>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
おすすめオンラインセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
今さら聞けない!自治体ビジネスの基本
~観光系入札事業の基本を解説!質問にも直接お答えします~
9月20日 (火) 16:30~17:30
詳細はこちら

東京都主催|ムスリム等多様な文化・習慣に配慮した
外国人旅行者受入のためのセミナー・アドバイザー派遣
9月29日 (木) 13:30~15:00他
詳細はこちら

3カ月で即戦力になる!インバウンドビジネス基礎講座
~体系的な学びと実践的ワークで成長を加速~
10月3日 (月) 開講
詳細はこちら

次年度の事業対策に先手を打つ!
最新データ・事例から読み取る観光・インバウンド入札案件動向
10月20日 (木) 13:00~14:00
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
入札案件の情報をいち早くゲット!
「観光・インバウンド入札navi」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
キーワード検索や自動検出だけでは情報収集することが難しい、
観光・インバウンド関連の公示案件情報を厳選して毎日お届けします!
まずは2週間の無料トライアルをお試しください。
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
高収益な観光業を目指す会員サービス
「観光バリューアップ実践会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
高付加価値化、高リピート化を目指す、「学び」と「実践の場」。
宿泊・旅行・体験を中心とする中小企業経営者が参加中。
詳細はこちら
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「やまとごころ通信」バックナンバーはこちら
村山慶輔のオフィシャルウェブサイトはこちら
▼ やまとごころの書籍 好評発売中!
『観光再生 サステナブルな地域をつくる28のキーワード』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

観光地のバリアフリー対応が経済的メリットを生み出す理由

やまとごころ通信 Vol.919

おはようございます。やまとごころ.jp編集長の堀内です。

本日のメルマガで紹介している「アクセシブルツーリズム」の対談では、記事には書
けないほどたくさんの示唆をいただきました。

日本でも既に駅など多くの公共施設でハード面でのバリアフリー進んでいますが、
100%バリアフリーにすることは難しい。そうなったときに大切なのは「ソフト面で
バリアフリー」を進めること。困っているときに声をかけて助ける。相手の要望に
応じてその場でできることを考えて柔軟に対応することです。

そのためには、お客様として完璧に対応するという姿勢ではなく、1人の友人として
できることを皆で協力してやろう、という発想になること。

対談中のグリズデイルさんからの「障がい者と友達になってほしい」という言葉が、
すごく印象的でした。

新しい視点を取り入れるという意味でも、アクセシブルツーリズムの対談記事、ぜひ
読んでみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【対談】観光地のバリアフリー対応が経済的メリットを生み出す理由(前編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイバーシティインクルージョン」の視点の一つ、誰もが便利で利用しやすい環
境を意味する「アクセシビリティ」について、車椅子を利用するグリズデイル・バリ
ージョシュアさんに伺いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【対談】海外事例に学ぶ、観光地が今すぐできるアクセシビリティと情報発信のコツ
(後編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━
アクセシビリティ第2弾では、観光事業者や自治体、DMOなどの組織が取り組むにあた
ってのキーポイントや大切な考え方について詳しく伝えます。

▼訪日プロモーションのヒントはこちら
多様性の時代の欧米豪プロモーションを考える

━━━━━━━━━━━━━━━━━
コロナ禍で人気の登山、2022年夏の傾向は? 移動距離はコロナ前水準に回復
━━━━━━━━━━━━━━━━━
行動制限のなかったこの夏は登山をする人たちも移動距離が増えたようです。コロナ
禍ならではの特徴をデータから見ます。

▼海外旅行の目的に登山・ハイキングをあげる人も一定層いるのがわかります
訪日客の満足度が低い、改善すべき日本の観光コンテンツとは? アジアと欧米豪で
ニーズに違い


━━━━━━━━━━━━━━━━━
カーボンオフセット付き CO2実質ゼロの旅販売、旅行会社と鉄道が連携
━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱炭素社会の実現に向けた動きは旅行業界でも注目されています。鉄道移動で排出さ
れたCO2を実質ゼロにする旅行商品とはどういうものでしょう。

温室効果ガスを出さない町への取り組み
年間100万人の観光客が訪れる長野県小布施町の「ファン」を巻き込む持続可能な地
域づくり


━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとごころ編集部のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾に親戚がいるのですが、高齢の叔母の体調があまり良くないと聞いています。す
ぐに行ってみようかと思ったところ、ちょうど台湾で新型コロナウィルス感染症の新
規感染者が増えていた頃で、本人から来ない方がいいと言われました。台湾は9月12
日から一部の国からのビザなし入国を認めるとの発表があり、行ってみることがきで
るかなと期待しましたが、日本は残念ながら対象外でした。年末年始には行けるとい
いなと思っています。
(清水陽子)

規制緩和でインバウンド増加に手応えの韓国、秋夕連休では国内旅行が人気

やまとごころ通信Vol.918

おはようございます。
木曜日のやまとごころ通信をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
規制緩和でインバウンド増加に手応えの韓国、秋夕連休では国内旅行が人気
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本の観光客に対するビザなし入国措置を10月末まで延長した韓国ですが、
それ以前からビザ免除の米国やタイなどからもインバウンド客が増えています。

▼世界の動きはこちらも
【ベトナム動向】国内旅行の伸び世界一、現地旅行会社が日本に求めること

━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性のひとり旅、最も安全に楽しめる国はどこ、日本の順位は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界34カ国を対象とした「女性のひとり旅が安全な国ランキング」、国際機関
などの調査から、DV比率、夜間のひとり歩きなど、女性の安全性を測る7つの
項目で各国、地域を評価しています。

▼コロナ禍でひとり旅をする人が増えました
旅でもソロ活浸透、8割がひとり旅を経験 拡充のカギは1人用プランや人との
交流 —Travel Zoo調査


━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の入国規制状況は? 9/2時点で規制なし81カ国・地域。アルゼンチンなど
中南米で撤廃進む

━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界では入国規制撤廃が進んでいます。この3週間で中南米を中心に、9カ国・
地域が撤廃。アジア太平洋はまだまだ規制が厳しいようです。

中南米では国際線の需要も回復しています
2022年6月世界の航空需要、着々と回復示す。国内線は2019年の8割強に

━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京・福岡のおもちゃ博物館、日本初「寄付つき入館券」の販売を開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━
市民の寄付で成り立つ東京と福岡のおもちゃ博物館は、NPOならではの参加型
ミュージアムとして評価を受けています。

▼コロナ禍で寄付が世界的に増えています
2022年世界幸福度ランキング フィンランド5年連続トップ、コロナ禍でのポジ
ティブな変化とは



<やまとごころからのお知らせ>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
おすすめオンラインセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「観光DX人材育成講座 応用編」事前説明会
9月12日 (月) 19:00~20:30
詳細はこちら

今さら聞けない!自治体ビジネスの基本
~観光系入札事業の基本を解説!質問にも直接お答えします~
9月20日 (火) 16:30~17:30
詳細はこちら

東京都主催|ムスリム等多様な文化・習慣に配慮した
外国人旅行者受入のためのセミナー・アドバイザー派遣
9月29日 (木) 13:30~15:00他
詳細はこちら

3カ月で即戦力になる!インバウンドビジネス基礎講座
~体系的な学びと実践的ワークで成長を加速~
10月3日 (月) 開講
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
入札案件の情報をいち早くゲット!
「観光・インバウンド入札navi」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
キーワード検索や自動検出だけでは情報収集することが難しい、
観光・インバウンド関連の公示案件情報を厳選して毎日お届けします!
まずは2週間の無料トライアルをお試しください。
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
高収益な観光業を目指す会員サービス
「観光バリューアップ実践会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
高付加価値化、高リピート化を目指す、「学び」と「実践の場」。
宿泊・旅行・体験を中心とする中小企業経営者が参加中。
詳細はこちら

国内旅行の伸び世界一のベトナム、現地旅行会社が日本に求めること

【やまとごころ通信 Vol.917】

おはようございます。やまとごころ.jp編集長の堀内です。

9月7日から水際対策が見直されるとの発表がありました。ただ、まだ団体旅行のみ、
ビザ取得が必須であることは変わりません。G7並みの円滑な入国を目指すとの発言は
あるものの、規制緩和にはかなり慎重であることがよくわかります。

入国規制緩和の際に出る「添乗員つきの団体旅行のみ」「ビザの取得が必要」といっ
た話のなかで、一つ忘れられがちなことがあります。そもそも観光客の入国が認めら
れているのは政府が定める「ブルー」「イエロー」「レッド」の3区分のうち、「ブ
ルー」のみということ。

今回のメルマガでも紹介しているベトナム市場は、コロナ前の2019年には約50万人弱
が日本を訪れていましたが、日本政府の定める区分が「イエロー」のため、現状では
観光客の入国はできません。7日の規制緩和でようやく、「すべての国から」入国でき
るようになったのです。

一方、ベトナムはというとすでに各種規制は取り払い、国内旅行を中心に回復も目覚
ましく、入国規制のない国、地域へ海外旅行に出かける人も増えているそうです。

全規制を取っ払った国と今も厳しい規制を課す国が混在している今こそ、まったく違
う状況の国、地域があることを理解し、各国地域の動向や情報収集が大切であること
を実感します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ベトナム動向】国内旅行の伸び世界一、現地旅行会社が日本に求めること
━━━━━━━━━━━━━━━━━
コロナ前は日本人旅行者にも人気があったベトナム経済回復のためにウィズコロナ
に転換した現状や訪日を扱う旅行会社の動向などを現地から伝えます。

▼7月の訪日外国人数では、技能実習生が多くを占めるベトナムがトップです。
【訪日外国人数】2022年7月訪日客数14万4500人、1日あたり5000人未満で観光客受け
入れ再開の効果見えず


━━━━━━━━━━━━━━━━━
【宿泊統計】2022年6月の延べ宿泊者数3447万人泊 回復傾向続く、日本人はコロナ前
水準に迫る

━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁が2022年6月の宿泊統計を発表。3年ぶりに行動制限のないゴールデンウィーク
で5月の旅行需要が拡大しましたが、6月もその勢いが続いたようです。

▼宿泊旅行の消費額も伸びています
2022年4月-6月 国内旅行消費額4兆4190億円、1人当たり宿泊旅行支出コロナ前を上回る

━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業の人手不足、コロナ禍前の高水準に迫る。旅館・ホテルは約7割で正社員不足
━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業の人手不足の状況に関する帝国データバンクの7月の調査によると、半数近い企
業が人手不足感を抱えていることがわかりました。

▼人手不足に悩む地域の事業者と、知らない地域に行ってみたい人をマッチング
「どこ、そこ?」という地域に人が訪れる仕組みを作る「おてつたび」が目指す新し
い旅のスタイル


━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本初 農閑期の棚田を活用したサブスク式キャンプ場、地域の協力により高千穂で
誕生

━━━━━━━━━━━━━━━━━
農閑期の棚田を活用したキャンプ場「タカチホ棚田キャンプ」が11月にオープン、高
千穂へのミニ移住体験も兼ねているそうです。

▼高千穂観光協会のインバウンド需要回復のための取り組みとは?
【DMO研究】貸ボートの価格大幅アップのわけ、自主財源を確保する高千穂観光協会
の観光地経営


▼テレワークの普及で地方移住希望者も増えたようです
コロナ禍での行動変化、東京圏の3割 地方移住への関心あり。23区在住20代は半数超

━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとごころ編集部のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国ビザの話、第3弾です。ノービザ延長が10月末までと発表されたものの、あくま
で暫定措置ということなのでマルチビザを申請してきました。そうこうしているうち
に韓国入国前と日本帰国前の陰性証明が不要になり、残すは韓国入国後1日以内のPCR
検査のみ。これも遅かれ早かれ廃止されるという話もあり、だいぶコロナ前に近づい
てきました。翻って日本の水際対策、段階的に緩和されてはいるものの、まだグルー
プ旅行限定です。個人旅行解禁はいつになるのでしょうね。日本ファンのため息が聞
こえてきそうです。
(刈部けい子)

世界一の規模を誇る中国越境EC市場、アフターコロナに買いたい日本の商品は?

やまとごころ通信Vol.916

おはようございます。
木曜日のやまとごころ通信をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界一の規模を誇る中国越境EC市場、アフターコロナに買いたい日本の
商品は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の半分のシェアを持つ中国のEC市場、そのなかでも日本との関係が
深い越境ECについて解説します。

▼未だゼロコロナ政策を続けているの中国の現状
【中国最新動向】ゼロコロナ政策を続ける中国の実態は? 訪日旅行再開は
いつなのか


━━━━━━━━━━━━━━━━━
旅行需要の急速な回復で混乱長引く英国、5日で900便キャンセルに。
小規模訪日ツアーは好評 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
旅行需要が急速に回復している英国のアウトバウンド旅行は2024年までに
コロナ禍前の水準を超えると言われていますが、国内ではそれによる混乱
が続いているようです。

▼英国現地からのレポート
【英国最新動向】3年ぶりの日本文化イベント、イギリス人の訪日への
興味関心は?


▼世界の動きはこちらも
水際対策緩和で入境者増加の香港、最大規模の旅行イベント・香港国際
観光展開催


━━━━━━━━━━━━━━━━━
2023年度観光庁予算要求454億円、観光インバウンド回復見据え旅客税
事業は前年度比3.3倍

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2023年度の予算概算要求の項目は、観光分野の復活に向け、「基盤強化」
「戦略的取り組み」の2本柱に集約しています。

▼高付加価値な観光地づくり
【DMO研究】大洲市の地域DMOに学ぶ、歴史的資源の「保全・活用」で
稼ぐ町づくりの秘訣



━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022年秋の旅行動向、物価高に関わらず旅行出費増やす日本人4割も旅行
への抵抗も高く

━━━━━━━━━━━━━━━━━
トリップアドバイザーが行った意識調査によると、2022年秋の旅行を計画
している日本人旅行者は 51%で、昨年同時期の33%と比較すると大幅な
上昇が見られました。

<やまとごころからのお知らせ>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
おすすめオンラインセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「観光DX人材育成講座 応用編」事前説明会
9月5日 (月) 19:00~20:30
9月12日 (月) 19:00~20:30
詳細はこちら

今さら聞けない!自治体ビジネスの基本
~観光系入札事業の基本を解説!質問にも直接お答えします~
9月20日 (火) 16:30~17:30
詳細はこちら

3カ月で即戦力になる!インバウンドビジネス基礎講座
~体系的な学びと実践的ワークで成長を加速~
10月3日 (月) 開講
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
入札案件の情報をいち早くゲット!
「観光・インバウンド入札navi」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
キーワード検索や自動検出だけでは情報収集することが難しい、
観光・インバウンド関連の公示案件情報を厳選して毎日お届けします!
まずは2週間の無料トライアルをお試しください。
詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━
高収益な観光業を目指す会員サービス
「観光バリューアップ実践会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
高付加価値化、高リピート化を目指す、「学び」と「実践の場」。
宿泊・旅行・体験を中心とする中小企業経営者が参加中。
詳細はこちら

パンデミック前の日常に戻ったスイスの現状、FITでの訪日旅行を切望する声

やまとごころ通信 Vol.915

おはようございます。やまとごころ.jp編集長の堀内です。

1週間ほど前、コロナに感染した岸田首相が、公邸からテレワークで勤務する様子な
どが報道されると同時に、岸田首相が映し出されたモニターの周りを囲んだ複数人の
記者が、ボイスレコーダーやマイクを向けて首相に質問する様子がTVで流れると、
「シュール」「衝撃」と話題になりました。

実際には、公邸と官邸を光ファイバーの専用会議システムで繋いでおり、記者とのオ
ンライン接続ができなかったので、官邸が記者に足を運ぶ必要があったとのこと。

セキュリティなどの様々な事情があったようですが、そもそも記者会見は一般的に国
民へ広く伝えるもの。機密情報でもないので、通常のオンライン会議システムでも問
題なかったのでは?などの疑問が頭をよぎりました。

IT化、デジタル化が必要などよく言いますが、一番大切なのは「自分たちはちゃんと
できている?」と問いかけて、まずは自らが実践すること。そのステップなしで、必
要性や重要性を提言したり発信するだけでは、社会に変化をもたらすことは難しいだ
ろうなと、改めて実感しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
パンデミック前の日常に戻った2022年夏 スイスの現状、FITでの訪日旅行を切望する声
━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界のメディアで話題のトピックを独自の切り口で伝える人気コラム「海外メディア
ななめ読み」、今回はパンデミック後、初めて海外へ。スイスの現状をレポートします。

▼各市場の動向はこちらも
世界の動きまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━
水際対策緩和で入境者増加の香港、最大規模の旅行イベント・香港国際観光展開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月以降水際対策の緩和を段階的に行ってきた香港は、8月の隔離期間短縮をきっかけ
に入出境者ともに増加。国際観光回復に向け動き出しています。

▼香港の現状はこちらも
帰境後の隔離規制も海外旅行ニーズ旺盛、訪日旅行の爆発的回復はいつ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━
1年以内の旅行意欲 若い世代ほど高い傾向、海外旅行1位はハワイ —JTB総研調査 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
3年ぶりの行動制限がない夏休みですが、人々はどのような意識を持って旅行に出か
けているのでしょうか。

▼持続可能なハワイの観光戦略
ハワイ州観光局日本支局長ミツエ・ヴァーレイ氏に聞く、地域コミュニティ重視型の
戦略へ舵取りした理由


━━━━━━━━━━━━━━━━━
海外在住者に聞く、訪日旅行の障害になる日本の水際対策は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月7日からワクチン3回接種を条件に日本入国時の陰性証明が不要になりますが、訪
日希望者が最も緩和を望んでいるのは別のルールのようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとごころ編集部のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワクチン3回接種を条件に日本入国時の陰性証明が不要になるというニュースが飛び
込んできました。10月にハワイに行くので、とてもほっとしています。8月にスイス
へ行った際、帰国に向けてのPCR検査が時間的にも精神的にも負担だったので、10月
がすでに不安でした。これをきっかけに、日本から海外旅行に出かける人は増えそう
ですね。訪日旅行も、ガイドなしのツアーが認められるようですが、個人旅行はまだ
不可のようなので、ガイド付き個人旅行を提供している私の訪日旅行再開は、もう少
し先になりそうです。
(清水陽子)