読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊やまとごころ通信バックナンバー

週刊やまとごころ通信バックナンバーをご紹介します。

「春節」効果大きく、1月の訪日客数は229万6000人 単月で過去2番目の水準

やまとごころ編集部の外島(としま)です。

タイの旅行博TITFへ、「Travel Mine Japan - トラベル・マイン・ジャパン」の
出展の手伝いで行っている同僚から写真が届きました。「Travel Mine Japan -
トラベル・マイン・ジャパン」は、日本各地の、世界にまだ知られていない魅力
溢れる観光資源を海外へ紹介するために経済産業省が実施している事業です。
世界中から旅行関係者が集うTITF。いろんな国のブースがある中、ジャパンブー
スは訪れる人が多すぎて渋滞状態。ピンポイントで日本の情報が欲しくて来てる
方がとても多かったそうです。
おみくじを引いてくれた人用にこんなに沢山のお菓子を用意したけど、誰も来
てくれなかったらどうしよう……」。毎日遅くまで出展の企画や準備に追われて
いた同僚の姿を知っているだけに、わんさか人が訪れてくれている写真を見ると
感慨もひとしお。キリッとした表情で登壇している同僚の写真もありました。
戻ってきて色々具体的な話を、ビールを飲みながら聞かせてもらうのが楽しみです。

それでは、今週も「インバウンドビジネスを支援する」やまとごころが、注目
の動きを紹介します。


インバウンドNo.1サイト「やまとごころJP」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、人気だったインバウンド記事はこれ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■インバウンドコラム
中国大使館が「ありがとうSMAP」と異例のツイート - 中国人の新しい旅行マイ
ンド!

人気グループ・SMAPの番組「SMAP×SMAP」の最終回の放送終了後すぐに、
在日本中国大使館が公式ツイッターで、2011年に公演のため北京を訪れた際の
写真を添えて「ありがとう、SMAP」と日本語で投稿した。
http://www.yamatogokoro.jp/column/3020/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとごころニュース
先週の人気ランキングTOP5(2017/2/13-2/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第1位
「春節」効果大きく、1月の訪日客数は229万6000人 単月で過去2番目の水準
http://www.yamatogokoro.jp/news/2999/

■第2位
17年訪日客は2800万人、消費4.4兆円に-みずほ総研予想
http://www.yamatogokoro.jp/news/3017/

■第3位
これをやらずして「日本に行った」とは言えない!?絶対に経験すべき5つのこ
と―中国メディア
http://www.yamatogokoro.jp/news/2950/

■第4位
“不動産インバウンド”に対応 外国人の取引円滑化 国交省が業者向けマニュア
ル作成
http://www.yamatogokoro.jp/news/2958/

■第5位
【コンビニ新時代】五輪見据え訪日外国人向けサービス実験 手荷物を持って移
動するストレスを軽減
http://www.yamatogokoro.jp/news/2940/


----------------------------------[PR]--
■外国人への情報配信コストを1/4に!
■インバウンド対応情報発信ツール「MCCatalog+」
http://www.mccatalog.jp/
----------------------------------------



インバウンドを学びたい方はこちらへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やまとこごろ主催イベント・セミナー情報
http://www.yamatogokoro.jp/inbound/academy/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第8回やまとごころフォーラム × 東北インバウンドサミット in 東京
「地方創生・インバウンド最前線に学ぶ」
~地域のインバウンド力を高める “個”の連携~
開催日:3月3日(金) 14:30~
▼詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro.jp/forum/170303/

■Travel Mine Japan運営事務局xやまとごころ共催
Travel Mine Japan(経済産業省補助事業) 最終報告イベント
「地方インバウンドサミット」
開催日:2月27日(月) 13:00~
▼詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro.jp/event/2562/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国のインバウンド関連セミナー紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「日本能率協会主催 訪日外国人対応施策フォーラム」2月22日(水)
主催:日本能率協会
▼詳細はこちら
http://www.yamatogokoro.jp/event/2922/

■三重県主催セミナー
「訪日外国人を呼び込む!インバウンド研修 in 三重」
語学研修
開催日:名張 2月26日(日) 13:00-15:00〈英語〉
    桑名 2月26日(日) 18:00-20:00〈英語〉
    松阪 2月27日(月) 10:00-12:00〈英語〉
            松阪 2月27日(月) 14:00-16:00〈韓国語〉
    松阪 2月27日(月) 16:10-18:10〈中国語〉
実地研修
開催日:3月7日(火) 14:30-17:30〈三重県/アクアイグニス〉
    3月8日(水) 14:30-17:30〈岐阜県/美ら地球〉
▼詳細・お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro.jp/mie_2016/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インバウンドのパートナーを探すなら
「やまとごころ B to B 相談デスク」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インバウンドに特化したビジネスマッチングのプラットホーム「やまとごころ
B to B 相談デスク」がオープン。
やまとごころコーディネーターが、貴社の課題に応じたソリューション企業と
お繋ぎをいたします。
▼詳細はこちら
http://www.yamatogokoro.jp/matching/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師派遣サイト
「やまとごころスピーカーズ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インバウンドビジネスの専門家を講師として派遣するためのサービスです。
▼詳細はこちら
http://www.yamatogokoro-speakers.jp/index.html


日本唯一のインバウンド専門求人サイト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週のやまとごころキャリアより
https://www.yamatogokorocareer.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<最新の求人情報ピックアップ>

[契] ザ・キャピトルホテル東急 客室スタッフ募集 / 東京都
https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1144

[正]豪・欧米からの訪日旅行客のオペレーション・スタッフ募集 / 東京都
https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1759

[契][パ][ア][イ]自動車・旅行事業関連 WEBデザイナー・HTMLコーダー・広告
プランナー募集 / 東京都
https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1758

やまとごころキャリアには、その他にも数多くの求人情報が掲載されています。
▼詳細はこちら
https://www.yamatogokorocareer.jp/search.cgi

《やまとごころキャリアでインバウンド人材を採用しませんか?》
日本唯一のインバウンド専門求人サイトで貴社の人材採用を強力にサポート
▼詳細はこちら
https://www.yamatogokorocareer.jp/saiyou/plan/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週のインバウンド関連テレビ番組
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スタジオパークからこんにちは 北海道スペシャル「ニセコ インバウンドの
光と影」
NHK総合1・東京(地上波)2月23日(木)  14時05分~14時54分

今、外国人観光客が殺到! バブル景気さながらの活況に沸く町・ニセコを徹底
分析! 人気はなぜ過熱したのか?外国人マネーは町をどう変えるのか?北海道
観光の未来を考える。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■魅力を明確に絞ることが大切だ

愛媛県の松山にある道後温泉に取材で来ている。ここは訪日外国人が伸びている
エリアだ。なぜ、これほど伸びているのだろうか。
答えは二つあり、まず一つは、航空便というインフラが充実したことだ。高松空
港の台湾路線の増便、広島空港の香港便の就航、松山空港への国内LCCの就航が
ある。
そしてもう一つは、温泉として訴求を徹底していることだ。この近隣エリアは、
温泉街がほとんどない。だから、松山の道後温泉の立ち位置が明確なのだ。海外
からの観光客はピンポイントの目的で旅行するのではなく、周遊型の旅行スタイ
ルとなる。どういったルートにするか検討する際にエッジがたっているほうが
びやすい。日本向けには、歴史と文学と入れたいところだが、あえてそこは割愛
して、温泉に特化しているのだ。
ところで、今回、道後温泉で泊まった宿は、じゃらんの口コミで4.6という高い
評価を得ている小さな宿だった。建物自体は古いのだが、調度品にこだわってい
る。そのセンスが素晴らしいのだ。心地よい滞在となった。
(此松)