週刊やまとごころ通信バックナンバー

週刊やまとごころ通信バックナンバーをご紹介します。

訪日宿泊者数

2019年10月訪日客トレンド予測、温泉地の検索数上昇。一番人気は箱根、リピーターの興味は地方に

【やまとごころ通信 Vol.631】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。「訪日教育旅行」と呼ばれる中国からの子供たちの学びの旅が増えています。日本と中国は文化的につながっており、自分たちの「原点」を見直すことができるのが、…

【宿泊業に携わるインバウンド担当者が押さえておきたい情報】

【やまとごころ通信 Vol.630】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 今週の業種別メルマガは、9月に配信した記事からセレクトした【宿泊業に携わるインバウンド担当者が押さえておきたい情報】です。 【外国人宿泊者数】2019年7月…

台湾インバウンド客対象に「鳥取旅行で補助金」詐欺発生 県では注意呼びかけ

【やまとごころ通信 Vol.623】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 発表になった6月の宿泊者数。都道府県別伸び率トップは前年同月比107.7%増の山形県でしたが、逆にマイナスとなった県も少なくありませんでした。 →【外国人宿…

【宿泊業に携わるインバウンド担当者が押さえておきたい情報】

【やまとごころ通信 Vol.614】 連日の暑さの中、1年後の東京でのオリンピックは大丈夫なのだろうかとつい思ってしまう、やまとごころ編集部の外島(としま)です。 今週の業種別メルマガは、7月、8月に配信した記事からセレクトした【宿泊業に携わるイン…

インバウンド客は訪日旅程をいつ、どこまで詳細を決める? 東・東南アジア7カ国で調査

【やまとごころ通信 Vol.613】 東京オリンピックまで、あと354日。編集部の外島(としま)です。 来月20日から44日間にわたり日本全国12都市で試合が行われるラグビーワールドカップ2019。主要参加国から日本にやってくる旅行者は富裕層の割合も高いようです…

【行政・自治体担当者が押さえておきたいインバウンド情報】

【やまとごころ通信 Vol.610】 東京オリンピックまで1年を切りました。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 今週からこれまでの週1回月曜日に配信しているメルマガに加え、週後半に【業種別メルマガ】をスタートさせます。 行政や地方のインバウンド…

在留外国人が訪日外国人にお勧めしたい観光地ランキング、国籍による傾向の違いが明らかに

【やまとごころ通信 Vol.603】 東京オリンピックまで、あと410日。編集部の外島(としま)です。 「SNS映え」はインバウンド客誘致の重要な仕掛けであることは周知の通りですが、「雲海」もその一つ。全国の雲海スポットに注目が集まっています。雲海が中華…

親日度に関する調査、東アジア欧米豪など13カ国で実施。韓国と中国で「嫌い」が大幅に減少 

【やまとごころ通信 Vol.598】 東京オリンピックまで、あと444日。編集部の外島(としま)です。10連休はいかが過ごされたでしょうか。久しぶりにゆっくりしリフレッシュした方も多いと思います。本日よりまたインバウンド発展のために頑張っていきましょう…

東北の外国人延べ宿泊者数、120万人突破で過去最高を更新! 伸び率は全国トップ

【やまとごころ通信 Vol.590】 東京オリンピックまで、あと501日。編集部の外島(としま)です。 観光庁より発表された2018年12月の宿泊旅行統計。伸び率トップの市場となったフィリピンは、先日のJNTOフォーラムでも「存在感を高めている割には、フィリピン…

SNSデータから見る、春節に中国人観光客が日本で「したいこと」ランキング。体験コンテンツが上昇傾向に 

【やまとごころ通信 Vol.586】 東京オリンピックまで、あと528日。編集部の外島(としま)です。 3連休は、商品造成のためのワークツアーの取材で、島根に行っていました。2カ月連続、宿泊者数の伸び率で1位だった島根県ですが、出雲大社や世界遺産の石見…