週刊やまとごころ通信バックナンバー

週刊やまとごころ通信バックナンバーをご紹介します。

インバウンド施策

手ぶら観光サービスの充実で、訪日客の観光を後押し

やまとごころ編集部の外島(としま)です。この秋より高校生になるイギリス人の男の子が日本に遊びにきており、一緒に観光をしていました。15歳。ほとんど日本の事を知らず、日本語もまったく理解しない彼がまずは興味を示したことは、駅や店舗の店頭など随…

2017年5月訪日外国人数、過去最速で累計1000万人突破!

編集部の外島(としま)です。先週行われた第56回やまとごころ勉強会。約30年前よりインバウンドに取り組んできた高山市で、元ブランド・海外戦略部長としてインバウンドや地域活性に携わってこられた企画部部長の田中明氏にご登壇いただきました。セミナー…

連携がインバウンド成功のカギ、商店街インバウンド実態調査結果を発表

編集部の外島(としま)です。弊社代表の村山と編集部による新刊、「インバウンドビジネス集客講座」が翔泳社より出版されました。一年以上かけじっくり取材、執筆をした一冊は、なかなかに充実した内容になっているのではないかと思います。新刊のテーマは…

ナイトアクティビティの人気急上昇! 外国人に人気の日本の観光スポット BEST30を発表

編集部の外島(としま)です。久しぶりに金曜日の夜、銀座コリドー街を歩きとても驚きました。かつて、そのすぐ近くのオフィスで働いていたこともあり、有楽町と新橋を結ぶJRの高架下に飲食店が並ぶコリドー街には、夕飯などをよく食べに行っていた馴染みの…

世界のランドマークランキングで 伏見稲荷大社が日本トップに!

編集部の外島(としま)です。週末は中国に住んでいる知人と過ごす時間がありました。日本人と中国人カップルである彼らの間には生後7か月のそれはそれは可愛いらしい赤ちゃんがいて。一緒に過ごすことで私もその笑顔に癒され、たっぷりと元気をもらってき…

SNS投稿から視えた訪日旅行の不満、ネガティブ投稿トップは「公共交通」、高料金や移動の難しさなど

連休を京都で過ごした編集部の外島(としま)です。ゴールデンウィークの京都は日本人観光客はもちろんのこと、外国からの観光客も多く大賑わい! 着物姿の観光客も、これまでで一番多いように感じました。アメリカの大手旅行雑誌「Travel+ Leisure(トラベ…

外務省、中国人のビザ要件を緩和 訪日中間層の拡大に期待

編集部の外島(としま)です。ゴールデンウィーク真っ只中。様々な話題の中で目を惹きつけられたのは、埼玉県さいたま市で開催されていた世界盆栽大会の話題でした。http://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/4285/関東大震災の際に、多くの盆栽職人が移り住…

2017年3月訪日外国人数220万6千人 12月より4か月連続で200万人超え

週半ば、ニューヨークから戻ってきた編集部の外島(としま)です。ニューヨークを訪れ印象的だったのは、実はスタッフの少なさでした。例えば博物館。チケット売り場にこそスタッフはいるのですが、何かを訊ねたいと思っても広い館内にはスタッフはほぼおら…

2017年3月訪日外国人数220万6千人 12月より4か月連続で200万人超え

週半ば、ニューヨークから戻ってきた編集部の外島(としま)です。ニューヨークを訪れ印象的だったのは、実はスタッフの少なさでした。例えば博物館。チケット売り場にこそスタッフはいるのですが、何かを訊ねたいと思っても広い館内にはスタッフはほぼおら…

観光庁 訪日外国人の地方誘客に向け11のモデルルート新たに追加

ニューヨークに来ているやまとごころ編集部の外島(としま)です。 イースターホリデーが重なったこともあり、ニューヨークはすごい観光客の数! さすが世界観光機関発表の国際観光客到着数第2位のアメリカ。日本も外国か らの観光客が増えたとはいえ、まだ…

観光庁、訪日消費額8兆円など「観光立国推進基本計画」を閣議決定

やまとごころ編集部の外島(としま)です。この週末の東京は、4月になったことが信じられないような寒さでした。桜を目当てにいらしている訪日客の皆さんも、寒そうに東京を歩いていました。今週の注目ニュースでもご紹介している、政府が閣議決定させた「…

政府、旅館業法の改正へ。 違法な民泊に罰金100万円、旅館・ホテルの営業許可一本化へ

週末は京都を訪れていた、やまとごころ編集部の外島(としま)です。京都では「花灯路」のイベントが行われており、多くの外国の方も灯りの中の夜散歩を楽しんでいました。 散歩道には、もうすぐ美しい時を迎える桜のポスターもあり、あ〜そちらもまた来てみ…

世界の富裕層向け旅行で日本の可能性と課題とは? ILTM Japanフォーラムで 「美食と芸術」の識者が提言

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 金曜日に行われた「第8回やまとごころフォーラム」に、日本全国からお集まりいただきまして、ありがとうございました。お陰さまで満員御礼、補助椅子を出しながらの活気溢れるフォーラムとなりました。今回のテー…

【ヒットメーカーが教えるコンテンツ】 訪日外国人に訴える映像のコツは?

やまとごころ編集部の外島(としま)です。先週、愛媛県内子町の知的農村塾にて「インバウンドの動向と農村地域での可能性」をテーマに話せていただきました。この農村塾は、30年も続いている町民の皆さんが自主的にやられている勉強会。スタート当時、日本…

「春節」効果大きく、1月の訪日客数は229万6000人 単月で過去2番目の水準

やまとごころ編集部の外島(としま)です。タイの旅行博TITFへ、「Travel Mine Japan - トラベル・マイン・ジャパン」の出展の手伝いで行っている同僚から写真が届きました。「Travel Mine Japan -トラベル・マイン・ジャパン」は、日本各地の、世界にまだ知…

日本旅行「本当に楽しみ」 中国人の春節渡航、最高水準の予想 日韓向け便 は満席

春節と重なったこの週末。表参道、神田、秋葉原を歩き回ったやまとごころ編 集部の外島(としま)です。陽気が良かったこともあってか、いずれの街もすごい人出で賑わっていました。 日経新聞や、やまとごころjpのニュースを読んでご存知の方も多いかと思い…

28年の訪日客数は「2400万人前後に」 石井啓一国交相 前年比2割増 プロモーションやクルーズ船増で

やまとごころ編集部の外島(としま)です。2007年にインバウンド情報を発信するサイトとしてスタートしたやまとごころは、インバウンドサイトとして、もっとも歴史があります。その他、教育・育成事業としてインバウンドセミナーの企画運営・講師派遣などを…

今年のネット検索で世界が「Japan」「Tokyo」関連で知りたかったことは?  グーグルが検索ワードランキングを発表

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 先日大盛況のうちに開催された「やまとごころインバウンド大忘年会」。初めてお会いする方も多く、直接お話しのできる貴重な機会でした。いろいろとお話を伺う中で、インバウンド業界でのやまとごころの役割、リニ…

日本を紹介する海外テレビ番組をインバウンド旅行商品に、JTBとアジアの総合チャンネルが連携

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 12月1日サイトリニューアルをひとまず終え、久しぶりにのんびりとした週末を過ごすことのできました。 やまとごころ新サイトの使い心地はいかがでしょうか。長年愛読してくださっている方も違和感を持たず、より…

観光庁、日本版DMOの新候補10件を発表、登録法人は計111件に

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 裏話をいきなりお伝えしてしまうと、実は今週火曜日11月15日から、やまとごころのリニューアルした新サイトを公開しようと、バイクのウォーリー状態さながら突っ走ってきていました。 が、断念。あまりに細々とし…

観光庁、新たな基本計画の策定に着手、五輪見据え4ヶ年で

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 来年に発行を予定している書籍の取材のため、香港より日本への年間の送客数の半数以上を手がけているEGLツアーズの袁文英社長のお話を伺う機会がありました。とてもエネルギッシュで気遣いに溢れた袁さんの言葉の…

国慶節商戦、中国人客の「爆買い」一服くっきり 百貨店や量販店、戦略見直し

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 山形県酒田市で行われた「第2回東北インバウンドサミット」に参加してきまし た。庄内空港から一歩外に出た際の空気が素晴らしく、一緒に訪れていた村山と 2人揃って、思わず“気持ち良い!”と声に出していました…

訪日外国人の宿泊施設への宿泊数が43カ月ぶりに減少、一方、九州地方は全 体で2.8%減まで回復 ―宿泊旅行統計(2016年8月速報)

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 先週木曜日、やまとごころフォーラムが行われました。年2回開催されるフォーラムには、200人を越す方が来場くださり盛大に行われました。この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。 今回のフォーラムに登場いた…