週刊やまとごころ通信バックナンバー

週刊やまとごころ通信バックナンバーをご紹介します。

インバウンド事例

EU6月15日より域内移動再開、7月1日以降はさらなる規制緩和も。日本政府、1日250人程度から入国再開へ

【やまとごころ通信 Vol.699】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため国境を閉ざしていたEUが、本日6月15日より域内の移動を再開させます。欧州委員会は、域外からの渡航規制解除についても7月…

トリップアドバイザー口コミランキング4年連続トップ10入りした旅館のwithコロナ時代に向けた取り組み

【やまとごころ通信 Vol.697】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。少しずつ町も動き出した京都。そこでインバウンド比率94.5%、トリップアドバイザーが発表する「旅好きが選ぶ!外国人に人気の旅館ランキング」にて4年連続トップ…

世界の75%の国がいまだ鎖国状態。台湾、入国規制緩和対象に加えることを日本政府に打診

【やまとごころ通信 Vol.696】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。国連世界観光機関(UNWTO)に登録する世界すべての国と地域で何かしらの入国制限が実施されています。入国規制緩和の動きが活発になっている一方、いまだに75%の…

緊急事態宣言解除に向けて観光業界のガイドライン続々と出揃う、日本政府 入国制限を3段階で緩和の方向で調整

【やまとごころ通信 Vol.692】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。日本政府が、入国規制を3段階で緩和していく方針を発表しました。一方で、現在とられている入国規制を1カ月延長することも発表しており、規制緩和の実施は夏以…

緊急事態宣言解除に向けて観光業界のガイドライン続々と出揃う、日本政府 入国制限を3段階で緩和の方向で調整

【やまとごころ通信 Vol.692】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。日本政府が、入国規制を3段階で緩和していく方針を発表しました。一方で、現在とられている入国規制を1カ月延長することも発表しており、規制緩和の実施は夏以…

コロナ禍で倒産をしないため、企業の経営者が「今」やるべきこととは? ~宿泊業がとるべき5つの具体策~

【やまとごころ通信 Vol.687】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。日本がゴールデンウィークだったように、アジアでも行楽シーズンとなるこの時期、感染症のピークを過ぎたと見られている中国では、5月1日からの5連休に約9000万…

アフターコロナの観光・インバウンドを考える 訪日客9割減のいま観光事業者がとるべき対策は? —セミナーレポート

【やまとごころ通信 Vol.685】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。日本政府は入国拒否対象をロシアや中東などへも広げる方針を閣議決定しました。日本郵便も、24日よりアメリカへの航空郵便の引き受けを一時停止するなど、国際郵…

コロナウイルスによる航空業界への影響は? 減便・運休で航空各社大減収 1年続くと2兆円の可能性

【やまとごころ通信 Vol.684】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。先週水曜日、羽田空港を出発予定だった国際線141便のうち出発したのは12便、129便が欠航しています。今週のデータインバウンドでは、前年同月のわずか7%となった…

2020年3月訪日客数は9割減、31年ぶりに20万人下回る。1-3月訪日消費も4割減

【やまとごころ通信 Vol.683】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。世界ではロックダウンを緩和する動きが出始めています。一方で海外旅行の再開は当面厳しそうですが、再訪を促すプログラムを開発したハワイ州観光局や、再開時に…

【世界の動きまとめ】新型コロナ直撃の旅行業界、7500万人が失職と世界旅行ツーリズム協議会が予測

【やまとごころ通信 Vol.682】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。発症源とされた中国湖北省武漢では都市封鎖が解除され、一日だけで6万5000人が市外へ移動したそうです。一方、コロナ…

観光庁2020年度補正予算を発表。国内旅行旅行商品の大幅割引など4つの施策

【やまとごころ通信 Vol.681】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。4月7日、観光庁は2020年度の補正予算を発表しました。新型コロナウイルス感染拡大により落ち込んだ観光消費回復のため、4つの柱となる支援策や事業を打ち出して…

入国規制まとめ :日本への入国拒否、ついに英米も加え73カ国・地域に拡大

【やまとごころ通信 Vol.680】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。観光庁が2020年1月の宿泊者数を発表。前年同月比伸び率でトップだったのは岩手県、254.5%増でした。中国で新型コロナウイルスの感染が広がり、国外への団体旅行…

世界旅行ツーリズム協議会、観光業5000万人失業の可能性ありとの予測、各国政府に対し5つの政策強化を要請

【やまとごころ通信 Vol.678】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。世界を震撼させている新型コロナウイルス。なかでもアメリカで感染が拡大しており、27日には感染者数が世界最多となりました。各国が次々と空港を閉じていくなか…

【インバウンド担当者が知っておくべきこと。今しておくべきこと】

【やまとごころ通信 Vol.677】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。ついに東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まりました。「東京は感染拡大の重大局面にある」と都知事が強い危機感を示したことで、スーパーへと向かう人…

台湾で新型コロナウイルスに対する日本の警戒レベル最高値に引き上げ、19日からは外国人の入国禁止  

【やまとごころ通信 Vol.676】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。3月11日にWHOが、新型コロナウイルスは世界的流行を意味する「パンデミック」状態にあると表明したことを受け、出入国禁止などの策をとる国が一気に増えました。…

【インバウンド担当者として、今できることを考える】

【やまとごころ通信 Vol.675】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。台湾が19日から、海外からの入境を原則禁止することを発表。EUもEU域外からの入域を30日間、原則禁止する方向であることを発表するなど、新型コロナの感染拡大に…

新型コロナウイルス終息後に観光回復キャンペーン、政府が検討 未来投資会議にて

【やまとごころ通信 Vol.674】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。3月13日、村山慶輔+やまとごころ編集部による書籍『インバウンド対応 実践講座:「エリア目線」で成果を最大化する成長戦略』が発売されました。入門編、集客編…

【東日本大震災を乗り越えた東北の姿に学ぶインバウンド事例】

【やまとごころ通信 Vol.673】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。昨日3月11日は東日本大震災から9年でした。新型コロナ感染拡大を防ぐため政府主催の追悼式は中止となりましたが、改めて失ったものの大きさに思いを馳せた方も…

新型コロナウイルスによる初の経営破綻、訪日中国人ツアー受け入れの愛知県の観光旅館

【やまとごころ通信 Vol.671】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。インバウンド業界のみならず、日本全体に大きな影を落としている新型コロナウイルス。こういう時こそ正確な情報を収集し、学び、冷静に対処していく必要があります。これまで…

【やまとごころで発信している新型コロナウイルス関連情報】

【やまとごころ通信 Vol.670】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。インバウンド業界にもはかりしれない影響が出ている新型コロナウイルス。今週のテーマ別メルマガでは【やまとごころで発信している新型コロナウイルス関連情報】…

新型コロナウイルス、訪日滞在の不安を感じていない旅行者、欧米豪圏は81%、中華圏は13%と大きな差

【やまとごころ通信 Vol.669】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。2月19日~21日、千葉県幕張メッセで行われた『インバウンドマーケットEXPO2020』。新型コロナウイルスの影響もあり来場者は昨年の6割ほどでしたが、登壇者による有意義なセミ…

【こんな時こそ学んでおきたいインバウンド施策】

【やまとごころ通信 Vol.668】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。新型コロナウイルスの感染が日本国内でも広がり、インバウンド業界を直撃しています。打つ手がない状態を不安に感じていらっしゃる方も多いかと思いますが、必ず…

【インバウンド担当者が押さえておきたい全国各地のプロモーション情報】

【やまとごころ通信 Vol.666】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。今週のテーマ別メルマガでは『インバウンド担当者が押さえておきたい全国各地のプロモーション情報』をお伝えします。九州の魅力を世界へ 国際旅行番組を世界28…

新型肺炎による訪日客の減少、2020年の日本のGDP7760億円押し下げの試算。小売への影響も懸念

【やまとごころ通信 Vol.663】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。インバウンド業界にも多大な影響のある新型コロナウイルスによる肺炎。今この状況でできることは何か、過去の災害の際の対応を参考にしながら、どんなことに備えておいたほう…

中国政府が、27日より海外への団体旅行を全面中止へ。新型肺炎、日本の観光業にも影響

【やまとごころ通信 Vol.661】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。感染が拡大している新型のコロナウイルスによる肺炎の対策として、中国政府が国外旅行を含む団体ツアー旅行を禁止しました。春節の大型連休と重なり、日本も影響を免れること…

【インバウンド担当者が押さえておきたい食に関する情報】をセレクト

【やまとごころ通信 Vol.660】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。 春節(旧正月)の大型連休が始まりました。中国本土や台湾などから今年も大勢が来日します。日本を訪れる大きな楽しみの一つは食。とはいえ、台湾のオリエンタ…

世界で人気の旅行先は? 都市への訪問者数はアジア優勢、日本は5都市がトップ100入り

【やまとごころ通信 Vol.659】 おはようございます。編集部の外島(としま)です。2019年の訪日外国人数は3188万2000人で韓国を除く19市場で過去最高となりました。一方で、12月の訪日旅行者数は、3カ月連続で前年同月を下回りました。2019年12月の訪日客数…

【2020年のはじめにインバウンド担当者が押さえておきたい情報】をセレクト 

【やまとごころ通信 Vol.656】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。今週のテーマ別メルマガは『2020年のはじめにインバウンド担当者が押さえておきたい情報』です。2019年のインバウンド市場を振り返り、2020年を展望するーー 訪…

2020年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキングをガイジンポットが発表、1位は和歌山県熊野地方

【やまとごころ通信 Vol.655】 新年、明けましておめでとうございます。編集部の外島(としま)です。インバウンド業界にとっても一つの指標であったオリンピックイヤーとなりました。今年もやまとごころは、活発な動きのあるこの業界を牽引する情報をお届け…

2019年のインバウンド人気上昇都道府県ランキング、1位は冬スキー需要が好調な新潟県

【やまとごころ通信 Vol.653】 おはようございます。やまとごころ編集部の外島(としま)です。今年も残すところ、あとわずか。やまとごころも今週いっぱいで年末年始のお休みへと入らせていただきます。政府の補正予算案が決定しました。「外国人観光客6000…