週刊やまとごころ通信バックナンバー

週刊やまとごころ通信バックナンバーをご紹介します。

訪日客増加で通訳ガイド自由化 2018年1月4日施行

やまとごころ編集部の外島(としま)です。先週のインバウンドニュースの中での注目ニュースは、「 訪日客増加で通訳ガイド自由化 2018年1月4日施行」の記事。通訳ガイドが2018年1月4日より自由 化されることが閣議決定されました。これにより新たなビジ…

日本政府観光局、台湾FM局とともに、音楽で訪日外国人を招致! 台湾で人気 の秦基博さん起用し、日本の魅力を発信

やまとごころ編集部の外島(としま)です。4日間で40万人の来場者があるとされているタイの旅行博TITFに来ています。この週末はちょうど「母の日」の3連休と重なったため、いつもは大渋滞で、車、車、しか見えないバンコクの、道路の部分を目にすることがで…

訪日外国人の旅行消費額が2017年上半期で初の2兆円突破

やまとごころ編集部の外島(としま)です。今週の注目ニュース1位にも登場している訪日外国人の旅行消費額。国籍・地域別でもっとも支出が高いのが英国であったことも、かつてロンドンに住んでいた身としては印象深い記事でした。外国人全体でみた時の一人当…

トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!工場見学&社会科見学 ランキング 2017」 を発表。訪日客のコメントも多数投稿!

やまとごころ編集部の外島(としま)です。やまとごころでは、社内の情報共有にチャットワークを使用しています。案件ごとに様々なスレッドが立っており、毎日それをチェックするだけでも実はひと仕事。そんな中で唯一、見るのが楽しみなスレッドがあります…

2017年6月訪日外国人数、234万7千人、上半期は主要20市場で過去最高を記 録!

やまとごころ編集部の外島(としま)です。先週の水~金曜日にビックサイトで開催されたインバウンド・ジャパン。来場者数は、2日目の速報の段階でもすでに約1万人。トータルでは昨年よりも1,000名ほど多くの方が来場されたようです。会場には、やまとごこ…

米旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」が2017年のランキングを発表! 昨年3連覇を逃した京都の順位は?!

やまとごころ編集部の外島(としま)です。インバウンド業界が盛り上がってくるにつれ、大きな課題の一つとされているのが人材の確保。新しい分野だけに、そこに特化したナレッジ、経験のある人は限られています。やまとごころで運営する、インバウンド業界…

手ぶら観光サービスの充実で、訪日客の観光を後押し

やまとごころ編集部の外島(としま)です。この秋より高校生になるイギリス人の男の子が日本に遊びにきており、一緒に観光をしていました。15歳。ほとんど日本の事を知らず、日本語もまったく理解しない彼がまずは興味を示したことは、駅や店舗の店頭など随…

全体の2割が外国人宿泊者、東北・九州は引き続き人気。4月の宿泊者数発表

編集部の外島(としま)です。久しぶりに沖縄へ行ってきました。かつて沖縄のガイドブックを編集していた頃よりも空港も、街も大きく変化していましたが、何にもっとも驚いたかというと、アジアからの訪日観光客の多さでした。弊社ニュースや特集記事などか…

2017年5月訪日外国人数、過去最速で累計1000万人突破!

編集部の外島(としま)です。先週行われた第56回やまとごころ勉強会。約30年前よりインバウンドに取り組んできた高山市で、元ブランド・海外戦略部長としてインバウンドや地域活性に携わってこられた企画部部長の田中明氏にご登壇いただきました。セミナー…

連携がインバウンド成功のカギ、商店街インバウンド実態調査結果を発表

編集部の外島(としま)です。弊社代表の村山と編集部による新刊、「インバウンドビジネス集客講座」が翔泳社より出版されました。一年以上かけじっくり取材、執筆をした一冊は、なかなかに充実した内容になっているのではないかと思います。新刊のテーマは…

ナイトアクティビティの人気急上昇! 外国人に人気の日本の観光スポット BEST30を発表

編集部の外島(としま)です。久しぶりに金曜日の夜、銀座コリドー街を歩きとても驚きました。かつて、そのすぐ近くのオフィスで働いていたこともあり、有楽町と新橋を結ぶJRの高架下に飲食店が並ぶコリドー街には、夕飯などをよく食べに行っていた馴染みの…

2016年の訪日外国人旅行者数2404万人、世界15位に相当

編集部の外島(としま)です。週1回、月曜日に発行しているメルマガ「やまとごころ通信」が、今回の発行で500号を迎えました!お正月とGWと重なる月曜は発行していませんので、500回ということは、10年前やまとごころが創業し日本で最初のインバウンド専門…

世界のランドマークランキングで 伏見稲荷大社が日本トップに!

編集部の外島(としま)です。週末は中国に住んでいる知人と過ごす時間がありました。日本人と中国人カップルである彼らの間には生後7か月のそれはそれは可愛いらしい赤ちゃんがいて。一緒に過ごすことで私もその笑顔に癒され、たっぷりと元気をもらってき…

4月訪日客、単月として過去最高の257万人。13の国・地域でも客数過去最高を 記録

編集部の外島(としま)です。オーストラリア・シドニーで開催されている旅行博「スキートラベルEXPO (略称スキーEXPO)」に来ています。南半球のシドニーでは、冬が近くなるこのタイミングで開催されています。スキーEXPOへは、世界中のスキーリゾートやス…

2月の延べ外国人宿泊者数 東北での伸びが顕著 カナダ、スペインなど欧米諸 国も増加のけん引に

編集部の外島(としま)です。2年に一度おこなわれる、神田明神の大祭に行ってきました。200基の神輿が次々と神社の境内に宮入する祭りの迫力は、さすが江戸三大祭りの一つ。嬉しそうに写真を撮る外国人観光客の姿はもちろんのこと、法被を纏い額に手拭いを…

SNS投稿から視えた訪日旅行の不満、ネガティブ投稿トップは「公共交通」、高料金や移動の難しさなど

連休を京都で過ごした編集部の外島(としま)です。ゴールデンウィークの京都は日本人観光客はもちろんのこと、外国からの観光客も多く大賑わい! 着物姿の観光客も、これまでで一番多いように感じました。アメリカの大手旅行雑誌「Travel+ Leisure(トラベ…

外務省、中国人のビザ要件を緩和 訪日中間層の拡大に期待

編集部の外島(としま)です。ゴールデンウィーク真っ只中。様々な話題の中で目を惹きつけられたのは、埼玉県さいたま市で開催されていた世界盆栽大会の話題でした。http://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/4285/関東大震災の際に、多くの盆栽職人が移り住…

2017年3月訪日外国人数220万6千人 12月より4か月連続で200万人超え

週半ば、ニューヨークから戻ってきた編集部の外島(としま)です。ニューヨークを訪れ印象的だったのは、実はスタッフの少なさでした。例えば博物館。チケット売り場にこそスタッフはいるのですが、何かを訊ねたいと思っても広い館内にはスタッフはほぼおら…

2017年3月訪日外国人数220万6千人 12月より4か月連続で200万人超え

週半ば、ニューヨークから戻ってきた編集部の外島(としま)です。ニューヨークを訪れ印象的だったのは、実はスタッフの少なさでした。例えば博物館。チケット売り場にこそスタッフはいるのですが、何かを訊ねたいと思っても広い館内にはスタッフはほぼおら…

観光庁 訪日外国人の地方誘客に向け11のモデルルート新たに追加

ニューヨークに来ているやまとごころ編集部の外島(としま)です。 イースターホリデーが重なったこともあり、ニューヨークはすごい観光客の数! さすが世界観光機関発表の国際観光客到着数第2位のアメリカ。日本も外国か らの観光客が増えたとはいえ、まだ…

1月の延べ外国人宿泊者数8%増 東南アジアが増加をけん引

やまとごころ編集部の外島(としま)です。今回の注目ニュースでも取り上げた、ジュネーブ道路交通条約に加盟していない国の人は国際運転免許証の発行がされないため、日本で運転をすることはできないとの話。初めて知ることでした。ニュース記事になってい…

観光庁、訪日消費額8兆円など「観光立国推進基本計画」を閣議決定

やまとごころ編集部の外島(としま)です。この週末の東京は、4月になったことが信じられないような寒さでした。桜を目当てにいらしている訪日客の皆さんも、寒そうに東京を歩いていました。今週の注目ニュースでもご紹介している、政府が閣議決定させた「…

地方創生の可能性を持つ訪日クルーズ 2月の寄港回数は170%増

やまとごころ編集部の外島(としま)です。とても個人的な話ではありますが、先週やまとごころに入社して丸一年が過ぎました。たった一年とは思えない、激しく充実した一年でした。これまで日本や海外で情報誌の編集に携わってきた私ですが、インバウンド業…

訪日外国人対応強化に向けて、通訳案内士法と旅行業法改正へ

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 先週15日、やまとごころが10周年を迎えました。インバウンドポータルサイト「やまとごころjp.」をオープンし、事業をスタートさせたのが10年前の3月15日。なぜその日だったというと、3月15日=サイコー(最高)…

政府、旅館業法の改正へ。 違法な民泊に罰金100万円、旅館・ホテルの営業許可一本化へ

週末は京都を訪れていた、やまとごころ編集部の外島(としま)です。京都では「花灯路」のイベントが行われており、多くの外国の方も灯りの中の夜散歩を楽しんでいました。 散歩道には、もうすぐ美しい時を迎える桜のポスターもあり、あ〜そちらもまた来てみ…

世界の富裕層向け旅行で日本の可能性と課題とは? ILTM Japanフォーラムで 「美食と芸術」の識者が提言

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 金曜日に行われた「第8回やまとごころフォーラム」に、日本全国からお集まりいただきまして、ありがとうございました。お陰さまで満員御礼、補助椅子を出しながらの活気溢れるフォーラムとなりました。今回のテー…

【ヒットメーカーが教えるコンテンツ】 訪日外国人に訴える映像のコツは?

やまとごころ編集部の外島(としま)です。先週、愛媛県内子町の知的農村塾にて「インバウンドの動向と農村地域での可能性」をテーマに話せていただきました。この農村塾は、30年も続いている町民の皆さんが自主的にやられている勉強会。スタート当時、日本…

「春節」効果大きく、1月の訪日客数は229万6000人 単月で過去2番目の水準

やまとごころ編集部の外島(としま)です。タイの旅行博TITFへ、「Travel Mine Japan - トラベル・マイン・ジャパン」の出展の手伝いで行っている同僚から写真が届きました。「Travel Mine Japan -トラベル・マイン・ジャパン」は、日本各地の、世界にまだ知…

訪日外国人が旅行中に困ったこと、1位は?

やまとごころ編集部の外島(としま)です。今年10月に開業予定のインバウンド事業者のためのコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」のキックオフが、先週の木曜日に行われました。入居を検討されている事業者の方々、施設内に開業するセミナー・イベントス…

東京都が日本各地と連携した観光振興プランを発表、玄関口から地方に送客、 MICEでも「周遊型」で誘致へ

春節の訪日客で賑わう、大阪に来ているやまとごころ編集部の外島(としま) です。 先週末にビックサイトで開催された日経メッセ・インバウンドビジネス総合展も、とても活気に満ちたイベントでした。弊社トップの村山の講演もあり「最新インバウンドビジネ…

日本旅行「本当に楽しみ」 中国人の春節渡航、最高水準の予想 日韓向け便 は満席

春節と重なったこの週末。表参道、神田、秋葉原を歩き回ったやまとごころ編 集部の外島(としま)です。陽気が良かったこともあってか、いずれの街もすごい人出で賑わっていました。 日経新聞や、やまとごころjpのニュースを読んでご存知の方も多いかと思い…

訪日外国人の消費総額が過去最高を更新、2016年は3.7兆円、一人あたり旅行支出額の最多はオーストラリアに

ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ「今年行くべき世界の場所2017」に大阪が入ったとのニュースがありました。大阪は、英国の旅行ガイドからも「今年行くべき10都市」の一つに選ばれるなど、訪日客からの注目が高まっています。社会人になって初めて大阪に行っ…

28年の訪日客数は「2400万人前後に」 石井啓一国交相 前年比2割増 プロモーションやクルーズ船増で

やまとごころ編集部の外島(としま)です。2007年にインバウンド情報を発信するサイトとしてスタートしたやまとごころは、インバウンドサイトとして、もっとも歴史があります。その他、教育・育成事業としてインバウンドセミナーの企画運営・講師派遣などを…

ホテル vs 民泊、世界の旅行者が滞在先で感じる「喜び」はホテルに軍配

2017年はじめのメルマガをお届けします。 近所の神社で、参拝の方へ神社からのふるまい甘酒をお配りする手伝いをしながら新年を迎えた編集部の外島(としま)です。毎年この神社へ初詣に行っていますが、今年は参拝者に外国の方の姿が多いのが印象的でした。…

訪日外国人数、11月は13.8%増の187万5000人、年間累計は2198 万8000人に

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 今年最後のメルマガをタイよりお届けします。 シンガポール経由でタイへ入ったのですが、いきなり黒い服の人ばかりが並んでいる列があり不思議に感じていると、バンコクへ向かう飛行機へ搭乗するための列でした。…

今年のネット検索で世界が「Japan」「Tokyo」関連で知りたかったことは?  グーグルが検索ワードランキングを発表

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 先日大盛況のうちに開催された「やまとごころインバウンド大忘年会」。初めてお会いする方も多く、直接お話しのできる貴重な機会でした。いろいろとお話を伺う中で、インバウンド業界でのやまとごころの役割、リニ…

観光庁、外国人案内所の整備で補助金、カテゴリー2以上に

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 4ヶ月ぶりに京都へ来ています。紅葉目当ての観光客も落ち着き、年末までのひと時、少しのんびりとした雰囲気の京都です。京都に来る度に驚かされるのは、古都=保守的というイメージとは違い、刻一刻と変化するイ…

日本を紹介する海外テレビ番組をインバウンド旅行商品に、JTBとアジアの総合チャンネルが連携

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 12月1日サイトリニューアルをひとまず終え、久しぶりにのんびりとした週末を過ごすことのできました。 やまとごころ新サイトの使い心地はいかがでしょうか。長年愛読してくださっている方も違和感を持たず、より…

JNTO、訪日報奨旅行に表彰制度、第1回大賞は台湾6500名

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 今週の水曜日はもう12月。師走ですね。昨年を表す言葉として流行語大賞の一つに選ばれた“爆買”の終了、10月には訪日客2000万人突破など。インバウンド業界は2016年も話題、変動の大きい一年でした。 そして、12月…

特区民泊、最低2泊3日に引き下げ 政府、訪日客受入拡大へ政令改正

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 あちらこちらでクリスマスツリーやイルミネーションが始まり、一年の終わりを意識する時期となってきました。この一年、私が住む街でもっとも印象的だったのは、ホテルの開業ラッシュ。大手ホテルを含め、ざっくり…

観光庁、日本版DMOの新候補10件を発表、登録法人は計111件に

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 裏話をいきなりお伝えしてしまうと、実は今週火曜日11月15日から、やまとごころのリニューアルした新サイトを公開しようと、バイクのウォーリー状態さながら突っ走ってきていました。 が、断念。あまりに細々とし…

訪日客数、10月30日に2000万人を突破-観光庁発表

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 ついに、訪日外国人旅行者数が2000万人を突破しましたね!2007年より、インバウンド専門のポータルサイトを開始し、インバウンド事業を行っているやまとごころトップ村山が、これまでの経験の中で、日本の訪日ビジ…

観光庁、新たな基本計画の策定に着手、五輪見据え4ヶ年で

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 来年に発行を予定している書籍の取材のため、香港より日本への年間の送客数の半数以上を手がけているEGLツアーズの袁文英社長のお話を伺う機会がありました。とてもエネルギッシュで気遣いに溢れた袁さんの言葉の…

国慶節商戦、中国人客の「爆買い」一服くっきり 百貨店や量販店、戦略見直し

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 山形県酒田市で行われた「第2回東北インバウンドサミット」に参加してきまし た。庄内空港から一歩外に出た際の空気が素晴らしく、一緒に訪れていた村山と 2人揃って、思わず“気持ち良い!”と声に出していました…

訪日外国人の宿泊施設への宿泊数が43カ月ぶりに減少、一方、九州地方は全 体で2.8%減まで回復 ―宿泊旅行統計(2016年8月速報)

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 先週木曜日、やまとごころフォーラムが行われました。年2回開催されるフォーラムには、200人を越す方が来場くださり盛大に行われました。この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。 今回のフォーラムに登場いた…

東京都、2015年の観光経済効果は推計12.9兆円、雇用60万人・税収4535億 円に寄与

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 ベトナム、ホーチミンでの友人の結婚式に参加しました。イギリス育ちのフィリピン人の友人と、英語学校で働くベトナムの女性のパーティは、世界のいろんな国の人が集まるインターナショナルなものでした。 「東京…

中国人観光客の波が再び日本へ!10月の大型連休、短距離路線で日本は人気1位

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 国慶節が始まったこの週末、新宿の百貨店はいつもに増して多くの人で賑わっていました。アジア系観光客の姿はもちろんのこと、欧米系、中東系の方の姿も多く、フロアーの雰囲気は非常に国際色豊かに感じられました…

中国人旅行者が「国慶節」連休に日本でしたいこと、今年は「着物」「お寺」 「温泉」などが上位に、居住地は分散傾向に

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 今週はシルバーウィークで配信数は少ないものの、興味深いインバウンド関連のニュースが多くありました。TOP5の1位にも選ばれた中国人SNSの口コミによる調査記事からは、日本に来る中国の方の居住地が上海がダン…

アジア8か国で関西旅行の個人旅行化進む、ツアーが半減、ネット手配が約8 割に

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 日本政府観光局JNTOが開催したインバウンド旅行振興フォーラムに参加してきました。 世界各国に事務所を構え海外プロモーション支援や、訪日観光客を促進のための活動をしているJNTO。現地事務所より各国市場の最…

秋の訪日旅行、行き先伸び率ランキング1位はどの県?

やまとごころ編集部の外島(としま)です。 9月、日本各地でお祭りが行われていますが、私が住んでいるエリアでも今週末、地域の氏神様である氷川神社の祭礼があります。今年は新しく完成した宮神輿のお披露目と、吉宗公が将軍就任してから300年の年にあた…